工場面接で対策すべき質問とは?製造業でも多い逆質問の事例も徹底解説

お仕事情報ネット
最終更新日:2021年06月15日 掲載案件数 37647
お仕事情報ネットTOP / お仕事情報ガイド / 工場面接で対策すべき質問とは?製造業でも多い逆質問の事例も徹底解説

工場面接で対策すべき質問とは?製造業でも多い逆質問の事例も徹底解説

掲載日:2020年05月11日

更新日:2020年07月20日

工場面接で対策すべき質問とは?製造業でも多い逆質問の事例も徹底解説

目次

  1. 工場面接で対策すべき質問
  2. 工場面接で聞かれやすい質問1 経歴、経験
  3. 工場面接で聞かれやすい質問2 企業への関心、認知
  4. 工場面接で聞かれやすい質問3 雇用条件
  5. 工場面接で聞かれやすい質問と回答4 健康面
  6. 工場面接の準備には逆質問への対策も必要
  7. まとめ

1. 工場面接で対策すべき質問

工場の面接に臨むうえで、「面接官がどんな質問をしてくるのか?」というのは、誰もが気になることかと思います。また、なるべく効率よく製造業の会社に採用されたいと考えた場合、「そもそも工場に面接対策は必要なのか?」といった疑問も生じることでしょう。

そこで今回は、工場の面接における準備や対策の重要性と、実際によく聞かれる質問への理想的な答えについて、詳しく解説していきたいと思います。

・工場面接の質問に対策や準備は必要なの?

欲しい人材像が定まっている工場では、他業種と同じように採用活動での面接を重視する傾向があります。そのため、大量募集されることも多い製造業で転職を成功させるには、堂々と自信を持って面接に臨めるように、ある程度の準備をしておくことが必要です。

面接官の中には、応募者の嘘や矛盾を見抜くために、あえて意地悪な質問をする人もいます。こうしたシーンで焦りからくる挙動不審や、明らかに嘘とわかる返答をしないためにも、シミュレーションなどの準備は非常に重要です。また、想定質問の回答を考える作業には、応募企業や自己の分析ができる利点もありますので、面接対策が工場への転職に好循環をもたらすと捉えてください。

2. 工場面接で聞かれやすい質問1 経歴、経験

応募者の過去の経験や経歴は、大半の面接官が興味を持つ重要ポイントです。過去に関する質問の答えに曖昧さや嘘がある場合、「この応募者は信用できない」という理由で採用不可になる可能性もあります。こうした失敗を防ぐためには、質問への返答と履歴書の両方で「こんな経験をしてきたから、○○で工場への貢献ができる」といった流れのアピールするのが理想です。

・工場での勤務経験はありますか?

なるべく即戦力になる人材が欲しいと考える企業では、必ず製造業での勤務経験があるかどうかを確認します。この質問で有利になる経験者の場合は、今までの取扱製品や役職、品質・安全性向上への取り組みなどをアピールしてください。

一方、未経験者の場合は、前職の作業効率化や業務問題の改善などのエピソードを例に挙げながら、「こんなポイントで御社の役に立ちたい」といった流れで返答するのがおすすめです。

・前職を辞めた理由はなんですか?

非常にデリケートなテーマとなる退職理由は、全てを正直に話せば良いというわけではありません。例えば、パワハラやいじめなどの暴力系のエピソードを話しすぎた場合、「うちの会社でも、ハラスメントと感じられてしまうのではないか?」といった印象を持たれる可能性があります。
そのため、退職理由に関する質問は基本的に、自身の成長や向上への意欲から応募企業への関心へと話をつなげ、「こんな貢献ができる・したい」でまとめるのが理想です。
ただし、退職理由に関する嘘は、同僚との日常会話の中でバレやすい傾向がありますので、面接の問答だけでなく、入社後も使える自然なストーリーを考えるようにしてください。

3. 工場面接で聞かれやすい質問2 企業への関心、認知

多くの工場では、企業理念に合う人材を求めています。そのため、次のような質問で「うちの会社への関心が薄い」と思われた場合、製造業の経験者であっても不採用になることがありますので、注意をしてください。

・なぜ当社に応募されたのですか?

この質問の答えで理想的なのは、製造業や工場といった業界ではなく、応募企業への関心をアピールすることです。その中で最もおすすめなのは、企業サイトやパンフレットに書かれていた「経営者の考えに共感した」という答えです。
また、地元の銘菓や清酒工場などに応募をしたときには、「子供の頃から食べていた」「いつも愛飲している」などのエピソードとともに、その会社の商品の大ファンであることをアピールしても良いでしょう。パンフレットを細部までチェックできる時間があるときには、同業他社にはない特殊な技術やシステムへの興味について話してみても良いと思います。

・当社の製品を食べたことはありますか?

この質問には、手当り次第にさまざまな工場に応募していないかをチェックする目的があります。例えば、手軽に買える食品の工場に応募する場合、面接で感想を述べられるように試食しておくのが理想です。また、ジャンルや価格的に購入が難しいときには、公式サイトの製品情報にしっかり目を通すことで、他社との差別化が可能となるでしょう。

4. 工場面接で聞かれやすい質問3 雇用条件

長く働ける人材を採用したいと考える工場では、シフトや休日、勤務地、賃金などの質問も重視する傾向があります。企業側の雇用条件と応募者の希望があまりにも合わない場合、早期の離職や労使間トラブルにつながる可能性があると判断されるため、注意してください。

・当交代勤務は可能ですか?

工場側では基本的に、シフトに貢献できる人材を求めています。そのため、製造業の現場でばりばり働ける人なら、「交代勤務も可能」とはっきり答えるようにしてください。一方、子育てなどで勤務できない時間帯がある人は、「交代勤務は無理です」と即答するのではなく、「朝5時~夕方18時までなら対応できます」といった前向きな話をするのが理想となります。

・転勤や勤務地変更は可能ですか?

地方都市に製造拠点を置くことが多い工場では、万が一の方針転換に備えて、この質問をする傾向が高いです。勤務地変更に「YES」と即答した場合、最初から遠方での勤務を提案される可能性もでてきます。そのため、応募先となる事業所の他に全国に拠点のある会社の面接を受けるときには、この質問に備えて家族と転勤や単身赴任の相談をしておくことも大事な準備となります。

5. 工場面接で聞かれやすい質問と回答4 健康面

力仕事や厳しい環境での作業も多い製造業では、健康面の質問も重視される傾向があります。

・アレルギーはありますか?

さまざまな物質を取り扱う食品工場や薬品工場では、仕事中のアナフィラキシーショックなどを防ぐために必ずアレルギーの有無を確認します。この質問で企業側の不安を解消するベストな答えは、面接前にアレルギー検査を受けたうえで、「(例)猫と犬以外は大丈夫です!」と即答することです。

・入院歴や持病はありますか?

体力や集中力が必要となる工場では、仕事に支障をきたすような治療中の持病がある時点で、採用はかなり厳しくなると考えられます。そのため、体力不足をイメージさせるメタボリックシンドロームの方々も、健康面を重視する工場では不利になるかもしれません。

将来的に工場への転職を希望する人は、肥満や病気を治して元気な体で応募をしたほうが、活躍できるアピールの説得力も増すと思います。

6. 工場面接の準備には逆質問への対策も必要

面接の最後に担当者から聞かれる「何か質問はございますか?」を、逆質問と呼びます。工場の面接対策をするときには、製造業における逆質問の重要性を頭に入れたうえで、面接官を安心させる話を考える必要があります。

・なぜ工場の面接官は逆質問をしてくるの?

逆質問をする工場で最も多いのは、社風や労働条件の疑問を解消し、「双方が納得したうえで入社をして欲しい」という設定理由です。こうした意図で逆質問をおこなう会社は、応募者にできるだけ長く働いて欲しいという想いから、良心的な姿勢で逆質問をしている可能性が高いと考えられます。

次に多い設定理由は、逆質問の内容を聞くことで「応募者の本気度がわかるから」です。たしかに「絶対にこの工場で働きたい!」という強い想いで面接に来た人は、パンフレットや企業サイトをしっかり読み込んでいることから、逆質問にもスムーズに対応できる可能性は高いことでしょう。

他には、逆質問をすれば、「応募者が本当に気になっているポイントがわかるから」という理由も非常に多いです。こうした意味で逆質問をする工場では、普通の質問だけではわからない応募者の本音を引き出そうとしているのかもしれません。

・工場の面接ではどんな逆質問をすれば良い?

面接官から好印象を持たれる逆質問は、次のようにその会社への関心やモチベーションの高さが感じられる内容です。

  • リーダーやマネージャーになるにはどんな努力が必要か?
  • 他の工場でとった資格は活かせるか?
  • 社風や現場の雰囲気はどんな感じか?
  • シフトはどのように決まるのか?

社風やシフトについて逆質問するときには、「入社後のイメージを掴みたいから」などのポジティブな理由を言い添えるのがおすすめです。一方、次のような内容の逆質問は、今まで積み重ねてきた工場見学や面接での頑張りを台無しにする可能性がありますので、なるべく避けてください。

  • 企業のサイトやパンフレットを読めばわかる内容
  • 既に説明された話を何度も聞いてしまう
  • 他社と混同している内容
  • 賃金や休日などの待遇面の話
  • 会話の膨らまない内容

逆質問をするときには、面接官と会話のキャッチボールができるテーマを選ぶようにしてください。例えば、面接官の答えに対して「そうですか、わかりました!」で終わってしまう逆質問では、企業側に消極的な印象を与えてしまいます。そのため、逆質問のテーマを考えるときには、自分の積極性をアピールするとともに、面接官との会話がしばらく続く内容にするのが理想です。

7. まとめ

・想定できる質問への準備を

大量募集が多く、欲しい人材像が決まっている工場に転職をするときには、他のライバルと差をつけるためにも、想定できる面接の質問への準備をしておく必要があります。工場面接で特に聞かれやすいのは、以下4つのカテゴリに関する質問です。

  • 経験、経歴
  • 企業への関心度
  • 雇用条件
  • 健康面

・会話のキャッチボールを意識して逆質問

製造業の中には、面接官の「何か他に質問はございますか?」から始まる逆質問を重視する会社もあります。逆質問をするときには、当ページで紹介したダメな質問内容を避けたうえで、面接官と会話のキャッチボールができるテーマを考えるようにしてください。
また、当日の緊張で判断ミスをしないためにも、面接までになるべく多くの練習やシミュレーションをしておくのが理想となるでしょう。

オススメの求人

残業MAX!フル稼働中!稼ぎたいならココしかない⁉

残業MAX!フル稼働中!稼ぎたいならココしかない⁉

勤務地 埼玉県羽生市

給与 時給:1,200円 ~ 1,500円

この求人の詳細を見る

人生に偶然なし!J'sとの出会いにも偶然なし!

人生に偶然なし!J'sとの出会いにも偶然なし!

勤務地 群馬県太田市

給与 月給:204,000円 ~ 350,000円

この求人の詳細を見る

 

Copyright 2021 J's Factory inc. All Rights Reserved.

PAGE TOP