工場の面接に受かりたい!転職成功につながる面接対策のポイントとは?

お仕事情報ネット
最終更新日:2022年05月20日 掲載案件数 101112
 お仕事情報ネットTOP / お仕事情報ガイド / 工場の面接に受かりたい!転職成功につながる面接対策のポイントとは?

工場の面接に受かりたい!転職成功につながる面接対策のポイントとは?

掲載日:2020年04月24日

更新日:2020年07月20日

工場の面接に受かりたい!転職成功につながる面接対策のポイントとは?

目次

  1. 転職成功につながる面接対策のポイントとは?
  2. 工場の面接前に決めておきたい志望動機
  3. 経験によって異なる!工場面接時の自己アピール
  4. 工場の面接は私服で行っても大丈夫?
  5. 面接後の工場見学にもたくさんの注意点がある
  6. まとめ

1. 転職成功につながる面接対策のポイントとは?

就労条件の良い工場に転職するために、「どんな面接対策をすれば良いのか?」ということは、だれもが気になるポイントだと思います。

特に、他業種から製造業へ応募をする人は、工場の面接ならではの注意点も把握しておきたいことでしょう。そこで今回は、経験者と未経験者 の両方に役立つ工場面接のポイントを徹底解説していきます。

2. 工場の面接前に決めておきたい志望動機

面接に臨む際には、最初に「なぜこの工場で働きたいのか?」という志望動機を決めておく必要があります。志望動機がない状態で面接に行 くと、話に一貫性がなく、面接官にやる気のない印象を与えてしまいます。たくさんの応募者がいる場合、明確な動機があったほうが、ライバル とも差別化しやすくなるでしょう。

・志望動機は応募書類の作成前に考える

志望動機は、面接前よりも応募前に決めるのが理想です。一生懸命考えた志望動機は、履 歴書や職務経歴書などにも書き込めます。特に面接前に書類選考がある場合は、履歴書などを自分の経験やモチベーションをアピールできる大事 な書類と捉えて、志望動機をわかりやすく書く必要があるでしょう。

こうしたことを考えずに適当な志望動機で履歴書を作った場合、応 募書類と面接官への返答に開きが生じることで、記載内容に嘘があると思われてしまう可能性も出てきます。

・工場面接の志望動機はどのように考えればいいの?

志望動機は、自己分析という作業を通して自然に決まっていくものです。さ まざまな方法のある自己分析の中で初心者向けなのは、次の2つの作業です。

✓ 自分史の作成を通して、過去の経験を棚卸しすること

✓ 「なぜ」による自問自答で徹底的に自分を掘り下げること

面接前に自分史を作っておかないと、過去の経験を通した自己アピールができなくなってしまいます。また、多くの面接官が学生時代や前職 の出来事に着目する傾向を考えると、転職活動における自分史の重要性は非常に高いと言えるでしょう。転職活動の最初に自分史づくりを済ませ ておくと、履歴書に記入する長所や短所、得意分野なども見えやすくなります。

一方、「なぜ」の突き詰めは、面接会場でブレない話を するうえでも大事な作業です。一般的には、次のような流れで「なぜ(質問)」を繰り返すと、次第に自分の求める働き方や工場の特徴なども明 確になります。

【なぜ1】なぜ前の会社を辞めたの?

残業が多いから(退職理由が明確になる)

【なぜ2】なぜ残業が多いとダメなの?

家族との時間がなくなるから(残業が多いことで生じる問題が明確になる)

【なぜ3】どんな職場を選べば家族との時間を大事にできるの?

急な残業が発生せず、シフト通りに勤務できる会社(自 分に合った工場の条件が明確になる)

3. 経験によって異なる!工場面接時の自己アピール

志望動機や自己アピールの内容は、「過去に工場や製造業で働いたことがあるかどうか?」によって変わってきます。

・工場勤務の経験者における自己アピールのポイント

工場勤務の経験者は、製造業に関するアピールポイントの少ない初心者や未 経験者と比べて、面接に受かりやすい傾向があります。

この方々が面接に臨む際には、以前働いていた工場での仕事内容や実績などの具 体的なエピソードから、応募先の企業で貢献できるポイントや携わりたい業務の話に発展させていくのが理想です。未経験者と差をつけるには、 面接官に即戦力になることをイメージしてもらう必要があります。

・工場勤務の未経験者における自己アピールのポイント

未経験者の場合は、面接官から「この人は、製造業に向いているので は?」と思ってもらうために、過去の経験をもとにして、次のような工場勤務の適性をアピールしましょう。

✓ コミュニケーション力

✓ 体力

✓ 集中力

✓ リーダーシップ

✓ 臨機応変さ

面接官から「なぜ製造業?」「なぜこの会社?」と思われやすい未経験者の場合、前職の退職理由や志望動機などとの辻褄をあわせる工夫も 必要です。そして最終的には、経験者と同じように応募企業に対して自分ができる貢献をアピールできることが、理想となります。

4. 工場の面接は私服で行っても大丈夫?

作業着で働く工場の場合、面接時になにを着れば良いのかというのも、迷うところだと思います。ですが、製造業の面接に臨むときにも、企 業側から特別な指示がない限り、リクルートスーツで行くのが理想です。

・転職面接は、どんな業種でも基本はスーツ

就職や転職活動の面接は、どんな仕事であってもスーツで行くのが大人のマナーで す。たとえば、ポロシャツのような制服で働く介護職や運送業であっても、面接時には企業側に失礼にあたらないようにスーツを着ていきます。 面接官に好印象を与えるには、シワや汚れのない、クリーニングに出したばかりの綺麗なスーツで臨むのが理想です。

・工場面接における服装や髪型の注意点

安全衛生管理が重要視される工場では、ほかの職種以上に面接時の服装や髪型を細かくチ ェックする傾向があります。面接時の格好に次のような問題があった場合、制服の着崩しで工場事故が起こるリスクが高いと判断されてしまうた め、注意が必要です。

✓ ジャストサイズではない(ジャケットのサイズが大きすぎ、ズボンの裾が床についている、など)

✓ 靴のかかとに踏んだ痕がある

✓ シャツのボタンが上までしめられていない

小さなゴミや髪の毛の混入により、重大事故に発展しやすい精密部品の組立工場や食品工場では、きちんと整えられた髪型で清潔な印象をア ピールすることも必要です。

5. 面接後の工場見学にもたくさんの注意点がある

製造現場の実情が見える工場見学は、会社説明会や面接の前後に行われることが多いです。工場見学に参加するときには、次のポイントに注 意して行動する必要があります。

・工場見学も選考試験のひとつ

工場見学は、立派な選考過程のひとつです。見学中の振る舞いや服装は、面接の合否に大きく影響 します。企業側からヘルメットや安全靴を渡された場合は、安全や衛生面を意識した装着を指示通りに行うようにしてください。見学中は、どん なに興味深いことがあっても夢中になりすぎず、常に見られていることを意識した行動が必要です。

・積極的な姿勢をアピールする

大勢の応募者で工場見学に臨むときには、ライバルと差をつける振る舞いが求められます。たとえ ば、工場長が大事な説明をするときには、列の前方で話を聞き、積極性をアピールしてください。広い工場内を別な施設に向かって移動する際に は、列を乱さないように注意しながら早足で歩くのが理想です。

・必ず質問をする

工場見学の質疑応答は、ライバルに差をつける絶好のチャンスです。製造業への知識が少ない中で無理に専門性 の高い質問をした場合、説明者の答えが理解できない問題が出やすくなります。そのため、あまり知らない業種の工場見学では、安全衛生や整理 整頓といった素人らしい発見をきかっけに、具体的な工夫や取り組みに関する質問をしてみると良いでしょう。その場で質問が出てこない人は、 事前に企業のホームページやパンフレットに目を通し、気になることをピックアップしてみてください。

6. まとめ

・志望動機から自己分析を

工場の面接対策は、応募書類の作成前に志望動機を決めることから始まります。転職活動初心者の場合、 「自分史の作成を通して過去の経験を棚卸しすること」と、「なぜ?を徹底的に掘り下げること」の2方向から自己分析をしていくのがおすすめで す。面接官に伝える志望動機の内容は、過去に工場勤務の経験があるかどうかによっても変わってきます。

安全衛生を重視する工場では、 応募者の服装や髪型などもチェックしています。面接後の工場見学に参加するときには、企業側から見られていることを意識したうえで、積極的な 質問などをしてみてください。

Copyright 2022 J's Factory inc. All Rights Reserved.

PAGE TOP