製造業でオペレーター職を希望するときの志望動機の作り方

お仕事情報ネット
お問い合わせ

最終更新日:2020年09月22日 掲載案件数 28501
お仕事情報ネット
お問い合わせ
お仕事情報ネットTOP / お仕事情報ガイド / 製造業でオペレーター職を希望するときの志望動機の作り方

製造業でオペレーター職を希望するときの志望動機の作り方

掲載日:2020年02月28日

更新日:2020年06月10日

製造業でオペレーター職を希望するときの志望動機の作り方

目次

  1. 製造業のオペレーターの仕事とは
  2. 製造業のオペレーター職に向いている人を知っておこう!
  3. 受ける会社がどんなところかを知っておこう
  4. 自分のアピールポイントを把握しよう
  5. まとめ

1. 製造業のオペレーターの仕事とは

・機械操作、製品加工、組み立てなどの仕事

「製造オペレーター」という仕事をご存知ですか?工場内の機械を操作して、製品を加工したり組み立てたりする仕事です。製造業の工場内の仕事は肉体労働が多いですが、オペレーターであれば重い荷物を運んだりする必要がなく、未経験であってもOKな場合が多いのが特徴です。

そんな製造業のオペレーター職に就きたいと思ったときに、必要なのが採用試験。採用試験には履歴書や面接が欠かせませんが、そこで躓く方が多いのが「志望動機」をどう書けば良いのか、というところです。

本記事では、製造業のオペレーター職に応募する際の志望動機の作り方を徹底解説致します。これからオペレーター職を受ける予定のある方、オペレーター職に興味のある方は必見ですよ。

2. 製造業のオペレーター職に向いている人を知っておこう!

・会社はどのような人材を求めているのか

志望動機を作る上で最も大切なのは、会社がどのような人材を求めているかを知っておくことです。製造業のオペレーター職に向いているのは、以下の2点をおさえた人。自分に当てはまるかどうか、確認しておきましょう。

・機械が好きな人

オペレーターの仕事内容は、機械の操作です。1日中機械の操作を行わなければならないので、好きでないと長続きしません。機械が好き、機械を操作するのが好き、という方が求められます。

・集中力がある人

オペレーターは、ボタン1つのミスが工場全体の大きなミスに繋がる場合があります。集中力が欠けてしまうと危険な事態を招く可能性もあるので、丁寧に、安全に作業を行える人材が求められます。

3. 受ける会社がどんなところかを知っておこう

・機械が好きな人

どんな人材が必要とされているかを知ったら、次は会社のことを調べましょう。次の3点を重点的に調べておけば、より魅力的な志望動機の作成ができます。

・実務経験

資格の中には、実務経験O年以上などが指定されているものもあります。資格を取得しようと思ってから実務経験を積むのは大変ですが、製造業であれば日々の仕事が実務経験として計上されるので、資格取得がスムーズ。結果的に資格取得まで1年以上短縮できることもあるのは、大きいですよね。

・会社名

意外と間違いがちなのが、正しい会社名。特に大企業は愛称や略称で覚えられていることが多いので、正式名称を知らないままに採用試験に臨んでしまうことが多々あります。必ず事前にチェックしておきましょう。

・企業理念

企業がどのような理念を掲げているかは、とても重要です。何故なら、そこに共感できる人材が求められているため。ただし、ただ共感で終わるのではなくて、何故共感できるのか、まで言及できれば尚良いです。企業理念はHPなどに掲載されているので、1度見ておきましょう。

・他社との比較

「数ある会社の中で、何故この会社なのか」という理由も大切です。他社と比較することでその会社の特徴なども分かってくるので、まさに一石二鳥。業界内の立ち位置や、今後の展望なども見えてくるので、丁寧にチェックしておきたいポイントです。

4. 自分のアピールポイントを把握しよう

・自分の長所をリストアップ

採用面接で、1番重要視されるのが「自分をアピールできているか」ということ。自分を上手くアピールできていると、積極性があるようにも受けとられて面接官に好印象を与えます。

そこで、まずは自分の長所と思われる点をリストアップしてみましょう。几帳面である、コミュニケーション能力がある、などの一見するとオペレーター職に関係のないものでもOKです。そこからどのようにオペレーター職に繋げるかを考えます。

志望動機の中には、「自分はこのようなアピールポイントがある→だから会社の役に立てる」という文章を組み立てて入れるようにするとよいですよ。

5. まとめ

・オペレーター職は競争率が高い

前述した3つを組み合わせれば、志望動機の完成です。製造業のオペレーター職は、今人気が出てきている職種。競争率が高いところも多いので、上手に志望動機を作って内定を勝ち取りましょう。

ただし今回ご紹介したのは、より魅力的な志望動機を書く技でしかありません。採用試験では、その技を踏まえた上で、自分の気持ちを自分の言葉で書くことが大切です。

会社がどのような人材を求め、自分がどのように貢献できるか、何故その会社で働きたいのかをしっかり考えて書きましょう。

 

Copyright 2020 J's Factory inc. All Rights Reserved.

PAGE TOP