工場の人間関係は悪いって本当?工場転職で人間関係を見分けるコツとは?

お仕事情報ネット
最終更新日:2021年10月15日 掲載案件数 31472
 お仕事情報ネットTOP / お仕事情報ガイド / 工場の人間関係は悪いって本当?工場転職で人間関係を見分けるコツとは?

工場の人間関係は悪いって本当?工場転職で人間関係を見分けるコツとは?

掲載日:2020年05月11日

更新日:2020年06月10日

工場の人間関係は悪いって本当?工場転職で人間関係を見分けるコツとは?

目次

  1. 工場での人間関係は?
  2. 工場の人間関係への評価が両極端になりやすい理由
  3. 転職活動で人間関係の良い工場を見分ける方法
  4. 入社した工場で人間関係を悪化させないコツはある?
  5. まとめ

1. 工場での人間関係は?

楽しく快適に働ける工場転職をするうえで、現場の人間関係というのはとても大事なチェックポイントになると思います。ですが、インターネット上で口コミや評判などを調べてみると、製造業の人間関係には他業種と比べてネガティブな声も少なくない実情もあるようです。

そこで今回は、工場ならではとも言える人間関係の特徴や注意点、関係悪化を防ぐために実践したいポイントなどを解説していきたいと思います。

・工場の人間関係は良いの?悪いの?

工場における人間関係への感じ方は、「最悪」もしくは「最高(非常に楽)」というように、両極端になりやすいです。もちろん製造業の中にも、従業員の人間関係に温度差が少なく、だれもが働きやすいと感じている会社も存在します。ですが、他業種と比べて人間関係が両極端になりやすい工場転職をする場合、入社前に自分なりの基準で問題を見分ける姿勢が必要です。

2. 工場の人間関係への評価が両極端になりやすい理由

製造現場における人間関係への捉え方や評価が両極端になりやすい背景には、工場ならではとも言える、次の理由が関係しています。

・閉鎖的な空間で1日を過ごすため

同じ空間で終日作業を続ける工場には、他職種と比べて一度壊れた人間関係の修復が難しいという特徴があります。たとえば、同じオフィスのメンバーが昼間は客先まわりに行ってしまう営業職の場合、朝のミーティングで意見の相違があっても、外に出ている間にクールダウンすることができます。

一方、作業場だけでなく休憩やロッカーも同じとなる工場勤務の場合、従業員同士の距離が近すぎて、互いの認識のズレや人間関係の問題を修復しづらい傾向があるのです。

・能力や性格に難のある人が集まりやすいため

製造現場にありがちな次のような違いも、人間関係を悪化させる原因になりやすいです。

✓ 製造業における経験の有無

✓ 学歴

✓ 雇用形態

✓ 仕事への価値観

大卒だけを採用する大企業の管理部門などの場合、学歴や賃金格差などによる従業員の不満やトラブルは起こりにくいです。一方、「未経験者歓迎」「学歴不問」といったキーワードの求人を出す工場の場合、今まで他職種で仕事が長続きしなかった人も入社してくることから、さまざまな意味で各従業員の温度差や格差が生じやすい傾向があるのです。

・コミュニケーションを重視しない人も多いため

黙々と仕事をすれば良いイメージの強い工場には、コミュニケーションや人間関係が苦手な人も集まりやすいです。特に出世を目的としない期間工や派遣社員、契約社員の中には、最初から人間関係に対して「面倒くさい」「適当でいい」と思っている人も少なくないという実情があります。

・スタッフの温度差が生じやすいため

厳しい納期や環境に縛られて働く現場と、事務方や管理職との間に価値観の相違が生じやすいことも、工場の人間関係が悪くなる原因のひとつです。現場の従業員側で人手不足などを訴えても、会社側に改善する気が全くない場合、不満や不信感から、どんどん関係が悪化していきます。

また、訴えを起こすほどの問題を抱えた製造現場の場合、各従業員のストレスによって喧嘩などのトラブルも起こりやすいです。

3. 転職活動で人間関係の良い工場を見分ける方法

こうした原因で生じやすい人間関係のトラブルの有無は、転職活動中に次のポイントに注意することで見分けられます。

・従業員数と採用数、離職率の関係

まず応募前に、インターネットやパンフレットなどから調査できるさまざまな情報から、その企業の採用数に矛盾がないかどうかを分析していきます。たとえば、事業拡大や繁忙期などの特別な事情もないのに常に大量募集をしている会社は、離職率が高い可能性があります。

離職率が、人間関係の悪さに直結するわけでは必ずしもありませんが、多くの従業員が退職している場合、その会社に何らかの問題があると考えられるのです。

・面接官の対応

採用面接は、これからお世話になる上司や管理職が人格者かどうかをチェックする場所でもあります。上層部に問題のある会社では、弱い者いじめやパワハラ、セクハラなども起こりやすい傾向があります。面接官があまりにも上から目線であったり、乱暴な言葉遣いで違和感を覚えたりした場合は、入社後の扱いや人間関係に問題が生じる可能性があります。

・従業員の雰囲気

面接や企業説明会で、工場のある事業所に行ったら、そこで働く人たちにも目を向けてみましょう。たとえば、廊下ですれ違った従業員がだれも挨拶をしない、目も合わせてくれないといった場合は、新入社員に対しても冷たい対応をする可能性は高いです。

多くの従業員の目に覇気がない場合は、過労による心身の不調やいじめなどによる人間関係の悪化といった問題が、製造現場に生じている可能性も考えられます。

4. 入社した工場で人間関係を悪化させないコツはある?

頑張って入った工場で人間関係に悩まず仕事をするには、次のコツを実践するのがおすすめです。

・最初に人間関係のスタンスを決める

工場における同僚との関わり方は、「全員と仲良く接するのか?」「適度な距離感でドライに仕事をするのか?」などのスタンスで変わってきます。

たとえば、雇用期間の決まっている派遣社員や期間工の場合、将来的に出世を目指す正社員ほど、同僚とのコミュニケーションや人間関係構築に力を入れる必要はありません。一方、将来的に企業の経営幹部を目指す場合は、最初から同僚や上司と良好な関係を築く必要があるでしょう。

・きちんと挨拶、コミュニケーションを取る

どんなスタンスで働くときも、挨拶だけは積極的におこなうようにしてください。気に入らない同僚への挨拶やコミュニケーションをやめれば、関係はさらに悪化していきます。
また、安全衛生を重視する工場では、自分の気づいた疑問や作業リスクを早い段階で上司に報告することで、高い信頼により人間関係に好循環が生まれることがあるのです。そのため、人間関係のスタンスがどんなにドライであっても、仕事をするうえで必要なコミュニケーションは積極的に取りましょう。

・仕事を正確かつ一生懸命やる

良好な人間関係を築くには、やはり与えられた仕事を一生懸命やり、同僚に迷惑をかけない姿勢が必要です。現場に迷惑をかけるほどの失敗が何度も続けば、厳しい指導からいじめやパワハラのターゲットになる可能性もあります。

これに対して、周囲から早く正確に仕事ができる人材と認められた場合は、同僚から頼りにされることで、人間関係の問題も起こりにくくなるでしょう。

・気にしすぎない

人間関係には、ある程度の割り切りも必要です。苦手な人に対してイライラしたり、うまくコミュニケーションが取れない自分を責めたりしていると、精神的に疲弊してしまいます。結果、鬱になったり仕事のミスが増えたりするかもしれません。細かいことを気にせず、仕事に集中する姿勢も必要です。

5. まとめ

・良好な人間関係を築くには

工場の人間関係に対する感じ方は、働く人の価値観や現場の環境によって両極端になりやすい傾向があります。その理由として考えられるのは、閉鎖的な労働環境や、コミュニケーションや性格に難のある人が集まりやすいことなどです。

人間関係の悪そうな工場は、採用数などのデータや面接官の対応、従業員の雰囲気などから見分けられます。実際に入った会社で良好な人間関係を築くには、挨拶やコミュニケーションは大人が働くうえで欠かせないマナーと捉えて、日々の仕事を一生懸命おこなうようにしてください。

 

Copyright 2021 J's Factory inc. All Rights Reserved.

PAGE TOP