派遣の工場勤務が楽って本当?おすすめ理由や求人選びのポイントを徹底解説

お仕事情報ネット
お問い合わせ

最終更新日:2020年09月22日 掲載案件数 28498
お仕事情報ネット
お問い合わせ
お仕事情報ネットTOP / お仕事情報ガイド / 派遣の工場勤務が楽って本当?おすすめ理由や求人選びのポイントを徹底解説

派遣の工場勤務が楽って本当?おすすめ理由や求人選びのポイントを徹底解説

掲載日:2020年04月24日

更新日:2020年07月20日

派遣の工場勤務が楽って本当?おすすめ理由や求人選びのポイントを徹底解説

目次

  1. 派遣の工場勤務について
  2. 正社員と比べて派遣の工場勤務が楽と言われる理由
  3. 他業種と比べて派遣の工場勤務が楽と言われる理由
  4. 自分にとって楽な工場派遣の仕事を探す方法
  5. まとめ

1. 派遣の工場勤務について

ネットなどでも「楽な仕事」と取り上げられることの多い派遣の工場勤務に、興味を持っている方は意外に多いと思います。特に今の仕事に対して「合わない」「しんどい」などの不満が強い場合、工場派遣の口コミがとても魅力的に映ることでしょう。

そこで今回は、派遣の工場勤務が楽と言われる理由を確認しながら、自分にとって本当の意味で楽な職場で働くためのポイントを考えていきたいと思います。

・派遣の工場勤務は本当に楽なの?

まず、工場派遣の仕事を「楽」とする口コミなどは、基本的に次のいずれかの視点で判断をしている傾向があります。

  • 工場の正社員と比べて派遣社員が楽
  • 他業種と比べて工場の派遣社員が楽

人によって判断基準が大きく異なるネット情報を見るときには、「楽」というキーワードだけに流されず、まず「何と比べてどう楽なのか?」をしっかり考える必要があります。

また、楽かどうかの判断は、次のような工場内の労働環境や雇用条件、働く本人の価値観によっても変わってくる実情もあるのです。

  • 重労働、体力的な負担
  • 取り扱う物(薬剤・材料・物 など)
  • 工場内の環境(暑さ・寒さ・狭さ・臭い・空気の悪さ など)
  • 作業着(分厚い・窮屈・重い など)
  • シフト(労働時間・休日・残業 など)
  • 人間関係

たとえば、体を動かすことが好きな人の場合、細々とした電子部品の組み立てよりも、重い材料や機械を扱う肉体労働系の工場派遣に「楽」と感じる傾向があります。一方、体力がなく暑さ寒さに弱い人の場合、重い材料や完成品などを倉庫に運ぶ肉体労働よりも、エアコンのきいた涼しい室内で精密検査を続ける仕事に「楽」と感じることもあるのです。

そのため、就職・転職に向けて情報収集するときには、ネット上に溢れる口コミや評判が、各個人の主観や価値観によるものであることを頭に入れておく必要があります。

2. 正社員と比べて派遣の工場勤務が楽と言われる理由

工場の正社員と比べて工場派遣が楽と言われる背景には、次のような理由があると考えられています。

・未経験者でも入社しやすい

最初から正社員として働ける工場求人は、非常に人気が高く、未経験者にとって狭き門となる可能性が高いです。一方、期間限定の契約になる派遣社員の場合、正社員と比べて採用されやすい特徴があるのです。

そのため、転職活動で悪戦苦闘したくないと考える人にとって、工場派遣は非常に楽な選択肢となります。

・休みを取得しやすい

何かと責任が求められる正社員は、生産スケジュールに合わせたシフトへの貢献が求められます。一方、責任の少ない派遣社員の場合、正社員と比べて休みも取りやすい傾向があるのです。

こうした工場派遣の利点は、ワーク・ライフ・バランス重視で転職活動に励む人たちの間でも注目されています。

・人間関係の煩わしさが少ない

定年まで働き続け、その間に何度か出世をするのが一般的な正社員の場合、上司からの評価を下げないように、社内の人間関係を良好に保つ姿勢が求められます。

一方、派遣の契約期間内で働くことが前提となる派遣社員の場合、言われた仕事ができていれば、そこまで人間関係に気を遣わなくて良いのです。

・正社員になれる可能性もある

紹介予定派遣の場合、トライアルのようなスタンスで半年間働いたあと、本人と会社の双方が合意したときに正社員になれる可能性があります。この制度を使って正社員を目指すには、直属の上司などから常に見られていることを意識しながら、残業への貢献度や責任感などの積極的なアピールする必要があります。

そのため、工場派遣として働くときには、普通の派遣社員と紹介予定派遣のどちらを選ぶかによって、職場での振る舞いや楽の定義も大きく変わってくると捉えたほうが良いでしょう。

3. 他業種と比べて派遣の工場勤務が楽と言われる理由

派遣業界で他業種と比べても、工場勤務が楽と言われる背景には、次のような理由があると言われています。

・覚えることに限りがある

工場には、新人のうちにある程度の仕事を覚えたら、取扱商品やマシンなどが変わらない限り、毎日のほとんどが繰り返しの作業になります。

こうした工場派遣の仕事は、今まで技術革新の著しいIT業界などで働いてきた人にとって、覚えることがある程度決まっている意味でも、楽に感じられることが多いとされています。

・あらかじめ決まったシフトの中で勤務する

あらかじめ設定された生産量や納期の中で動く工場には、保守運用エンジニアや営業職のようにお客様都合やトラブルによる想定外の残業などが発生しにくい利点もあります(繁忙期には当然のことながら忙しくはなります。)

しかしながら、企業側の立てた計画どおりにシフトが決まる工場派遣の仕事は、家族との時間や趣味の予定を大事にする人にとって、ストレスのかかりにくい働き方となるでしょう。

・頭脳をフル回転する作業が少ない

ルーティーンワークが中心となる工場派遣では、頭脳の回転よりも、地道にコツコツ作業を続ける集中力や注意力が重視される傾向があります。
また、大半のトラブル対処法がマニュアル化されている工場の場合、他業種のようにお客様の事情や問題によって、毎回異なる判断が担当者に求められることもないのです。

責任の少ない工場派遣の場合、トラブルの起こりにくい簡易作業を任されることで、正社員のような難しい判断をしなくて済むケースも多いと言われています。

4. 自分にとって楽な工場派遣の仕事を探す方法

・楽な工場派遣の仕事を探すには

先ほどご紹介したとおり、派遣の工場勤務が楽かどうかの判断は、雇用条件、労働環境、業種、本人の価値観によって大きく変わってきます。
そのため、本当の意味で楽に仕事のできる工場を見つけるには、ネット上の口コミなどに流されず、「自分にとっての楽とは何なのか?」と、しっかり考える必要があります。

そこでおすすめしたいのが、自己分析や自己観察を通して自分の本心と向き合う方法です。この作業を通して、「自分はなぜ前の会社が嫌だったのか?」「自分はどんな仕事がしたいのか?」などをじっくり考えると、自分なりの楽の定義が見えてきます。

また、オリジナルの楽が明確になると、ネット情報に惑わされることなく、自分にストレスのない業種やシフト時間の派遣求人も見つけやすくなるのです。

ちなみに転職活動に欠かせない自己分析には、履歴書作成や面接前に生じる「志望動機が書けない!」「何をアピールすれば良いのだろう?」などの悩みも解消できる利点もあると言われています。

・工場見学にも参加してみよう

企業側の採用活動で開催されることの多い工場見学も、楽な職場を見極めるために参加しておきたいイベントです。今まで工場で働いたことのない未経験者の場合、見学に行くことで製造業の現場に勤務するイメージが具体化します。

工場見学に行ってみると、パンフレットや求人情報だけではわからない企業の実情が見えてくる場合もあると言われています。
特に作業現場の室温や臭いといった労働環境を重視する人は、必ず工場見学に参加してみてください。

5. まとめ

・本心と向き合い楽な仕事を

インターネット上でも楽と話題の工場派遣は、転職市場でも非常に注目度の高い仕事です。この中には、「正社員と比べて楽」と「他業種と比べて楽」という2つの視点があると言われています。

自分にとって楽な求人を探すには、口コミなどに流されず、自己分析を通して本心を知る必要があります。この作業を行うと、過度な期待や認識のズレによる企業側とのミスマッチも起こりにくくなります。工場派遣を目指す人はぜひ実践してみてください。

 

Copyright 2020 J's Factory inc. All Rights Reserved.

PAGE TOP