工場勤務の適性がある人の特徴とは?適性に自信がなくても活躍できる?

お仕事情報ネット
お問い合わせ

最終更新日:2020年07月03日 掲載案件数 28536
お仕事情報ネット
お問い合わせ
お仕事情報ネットTOP / お仕事情報ガイド / 工場勤務の適性がある人の特徴とは?適性に自信がなくても活躍できる?

工場勤務の適性がある人の特徴とは?適性に自信がなくても活躍できる?

掲載日:2020年05月22日

更新日:2020年05月29日

工場勤務の適性がある人の特徴とは?適性に自信がなくても活躍できる?

目次

  1. 工場勤務の適正について
  2. 工場勤務における適性とは?
  3. 工場勤務の適性がある人の特徴
  4. 適性に自信がなくても工場勤務はできるもの?
  5. まとめ

1. 工場勤務の適正について

「自分には、工場勤務ができる適性があるのだろうか?」
「適性面で自信がない私にも、工場勤務で活躍できるコツはあるのだろうか?」

この記事では、工場勤務における適性の定義や、適性がある人の特徴を詳しく解説します。適性に自信がない人が製造業に転職するときのポイントも紹介しますので、気になる方はぜひ確認してみてください。

2. 工場勤務における適性とは?

工場勤務における適性とは、働く人の価値観や性格が製造業の仕事内容と合っているかどうかということです。工場に限らず一般的な仕事では、次のような項目が適性に位置づけられます。

  • 先天的な特殊能力
  • 前職で習得した技能
  • 性格
  • 興味
  • 知能
  • 体力
  • 体格
  • 集中力など

ちなみに他業種の採用でも行われる適性検査は、企業が求める適性要件に合っているかどうかを客観的に判断するものです。そして工場の就職転職においても、適性は会社と応募者における双方の相性を見るうえでも、重要なポイントとなります。

・適性のある工場に勤務したほうが良い理由とは?

工場などに就職するときには、なるべく自分の適性に合うところに応募するのが理想です。

例えば、細かな作業が得意な人が組立ラインの多い工場に入れば、新人時代からあまり大きな失敗もなく、スムーズに仕事を覚えられます。また、その能力が同僚や上司から認められれば、職場内の人間関係も良くなることでしょう。
適性がある人は離職せずに長く楽しく働き続けられるようになります。そして適性によってもたらされた技術や能力が評価されると、出世による賃金アップという好循環も生まれやすくなります。

3. 工場勤務の適性がある人の特徴

製造業における適性は、その会社で扱う商品や配属先によって多少異なる傾向があります。ですが、一般的な工場では、以下の適性のある人材が採用されやすいです。

・細かな作業が好きな人

工場の主軸であるライン作業は、部署内で分担した作業を各自が責任を持っておこない続けるというものです。ラインには、次のように非常に多彩な仕事があります。

  • 機械加工
  • 組み立て
  • 成型
  • 梱包 など

こうした作業をやり続けるには、単調な作業も飽きずにおこなえる性格が求められます。また、細かな部品を扱うことが多い工場勤務では、手先の器用さや丁寧さも重視されるポイントです。

・落ち着いて働ける人

鋭利な刃のついたマシンや危険な薬品などを扱うことも多い工場では、火傷や転倒などの事故や異物混入、品質低下などのトラブルを防ぐために、安全衛生を意識した落ち着いた行動が求められます。

ですから、面接時におこなわれる工場見学などでは、「現場の説明をする担当者の話を落ち着いて聞けるか?」や「安全上の注意事項を守って行動できるか?」などをチェックされている可能性が高いです。

・自分なりの工夫ができる人

工場のライン作業は、用意されたマニュアルどおりにおこなうのが一般的です。とはいえ、与えられた作業を安全かつ効率よく進めるためには、可能な範囲内で工夫をする姿勢も求められます。

こうした方法で問題が改善されると、スピードアップによって部署内の生産性が上がる可能性も出てきます。また、工夫が功を奏せば、自分自身の負担が軽減することもあるでしょう。

・体力に自信がある人

大きな機械の操作や重い納品物・材料の移動、寒暖差の激しさ。
このように厳しい環境で働くことの多い工場では、どちらかと言えば体力に自信のある人が歓迎されやすい傾向があります。一方、体力面で自信がない人の場合は、念願の工場に就職しても、就労環境面でハードと感じてしまい離職する可能性も高まるようです。

・交代制や夜勤も苦にならない人

工場は基本的に、交代制と呼ばれるシフト勤務の職場です。そして生産量が増える繁忙期には、残業や夜勤も積極的におこなってくれるシフト貢献度の高い従業員が重宝される傾向にあります。ちなみに時期によっては休日出勤も増える工場は、たくさん給料を稼ぎたいと考える人にもおすすめの職場となります。

・コミュニケーション力が高い人

各自が組み立てや加工作業などをおこなう工場は、黙々と仕事をすることで従業員同士の交流が少ないイメージがあるかと思います。ですが、ひとつの製品を作業分担してつくる製造業は、意外に多くのコミュニケーションが求められる職場です。

将来的に現場のリーダーや管理職になるためには、上司や同僚とのコミュニケーションを積極的におこなう必要があります。また、チームリーダーとして人材教育などをする人には、聴く力や伝える力も求められることでしょう。

4. 適性に自信がなくても工場勤務はできるもの?

工場の面接などでも、適性は細かくチェックされる傾向があります。ですが、転職活動中に以下の工夫をおこなえば、先述の事例で「自分は工場勤務に不向き?適性がない?」と感じた人でも、製造業の現場で活躍できる可能性も高まることでしょう。

・自己分析をする

応募前におこなう自己分析は、工場に限らずどの業界を目指すときでも非常に大事な作業です。あまり自己分析をおこなわず、適性などの強みや弱み、仕事への価値観などがわからないまま応募をした場合、自分と全く合わない会社を選ぶことで、転職活動自体が失敗してしまう可能性も出てきます。

自己分析は、履歴書作成や面接の自己PRにも役立つものです。「なぜ」という問いかけを使って目的などを掘り下げる方法なら、紙やスマートフォン上でも簡単におこなえますので、転職活動をするときにはぜひ実践してみてください。

・自分の強みを活かせる会社や職種を選ぶ

工場には、商品の製造などをおこなうライン以外にも、さまざまな職種や勤務形態があります。ですから、自己分析によって自分の強みが明確になれば、自身の長所に合った部署や業界を選びやすくなるのです。

例えば、細かな作業が苦手な人は、工場内の倉庫やマシンメンテナンスをする部署の求人を探してみると良いでしょう。また、初めての工場勤務で最初から長時間労働をするのが不安なときには、2交代制ではなく3交代制の会社に応募をしてみるのもおすすめです。

・派遣社員やアルバイトで働いてみる

初めての工場勤務で適性があるのかないのかわからない。未経験者だからとにかく不安。
こんな人には、気になる職種で派遣社員やアルバイトからライン作業をはじめてみる方法もおすすめです。

工場における雇用形態の中には、紹介予定派遣のように仕事をしながら正社員を目指せる道もいくつかあります。ですから、適性があれば長くその会社で働いてみたい場合は、「正社員登用制度あり」などのキーワードで求人を絞ってみても良いかもしれません。

5. まとめ

工場勤務における適性とは、働く人の性格や能力、価値観などが製造業の仕事と合っているかということです。一般的な工場では、地味で細かな仕事を飽きずに続けられたり、体力に自信があって夜勤や交代勤務も苦にならない人材が歓迎されやすい傾向があります。

現段階で「自分に工場勤務は向かないかも!」と感じていても、自己分析で強みや仕事への価値観などが明確になれば、自分の長所を活かせる会社を見つけやすくなります。また、もし適性の有無が判断できず工場の仕事に不安がある場合は、まず派遣社員や契約社員、アルバイトとして製造業の世界に入ってみて、ライン作業に携わりながら自分の適性を見極めても良いでしょう。

 

Copyright 2020 J's Factory inc. All Rights Reserved.

PAGE TOP