工場で働く正社員の仕事内容!部署や役職別の仕事や派遣との違いも徹底調査

お仕事情報ネット
最終更新日:2021年04月23日 掲載案件数 90907
お仕事情報ネットTOP / お仕事情報ガイド / 工場で働く正社員の仕事内容!部署や役職別の仕事や派遣との違いも徹底調査

工場で働く正社員の仕事内容!部署や役職別の仕事や派遣との違いも徹底調査

掲載日:2020年05月11日

更新日:2020年06月10日

工場で働く正社員の仕事内容!部署や役職別の仕事や派遣との違いも徹底調査

目次

  1. 工場で働く正社員の仕事
  2. 工場のラインで働く正社員の仕事内容
  3. 工場の生産や品質の管理をおこなう正社員の仕事内容
  4. 工場の管理職として働く正社員の仕事内容
  5. まとめ

1. 工場で働く正社員の仕事

給与などの好条件に惹かれて工場の正社員求人に応募するとき、「そもそも工場で働く正社員の仕事内容ってどんなもの?」といった疑問が生じる人もいるのではないかと思います。

また、初めて製造業の会社で働こうとする場合、正社員と派遣社員、アルバイトなどの雇用形態によって仕事内容が変わってくるのかどうかも、気になることでしょう。そこで今回は、工場の正社員が担う役割や仕事内容をわかりやすく解説していきたいと思います。

2. 工場のラインで働く正社員の仕事内容

工場に就職した正社員は、まずラインと呼ばれる製造現場に配属されるのが一般的です。新人正社員が製造ラインに携わる理由と仕事内容は、次のとおりです。

・ライン作業とは一体どんな仕事?

ラインとは、ベルトコンベアで流れてくる製品の加工や梱包、検品などをする部署の総称です。例えば、自動車の製造ラインでは、多くの人が部品の組立てやチェック作業に携わります。食品工場の場合は、肉や野菜のカットや弁当の箱詰めといった作業が製造ラインの役割です。中には、仕分けや検品、梱包だけをするラインもあります。

・正社員のライン作業は派遣社員やバイトと同じ内容?

即戦力にはならない未経験者の場合、まずその会社の事業や各部署の業務内容を知ってもらうために、さまざまな製造現場に配属されます。そのため、入社直後の新人正社員と派遣社員やアルバイトの仕事内容に、大きな違いはありません。
ですが、正社員の場合、ライン作業に特化したスペシャリストや職人よりも、工場の業務全体を把握するオールラウンダーを育てるイメージで人材教育が進められていきます。正社員だけにこうした対応をする理由は、その人材に将来の管理職や工場長になることを期待しているからです。

・ライン現場における正社員のリーダー的な仕事

ひととおりの研修を通して立派な戦力になった正社員は、次に現場をまとめる役割を担います。有期契約や非正規労働者の多い製造現場では、長期間フルタイムで働く正社員がリーダーになるのが一般的です。管理職ではない若手の場合、自らもライン作業をおこなうプレイングマネージャー的な位置付けになることも多いと言われています。

・現場の人材育成や教育も正社員の大事な仕事

有期契約の多い製造現場では、自分の持ち場の知識しかない従業員がほとんどです。そのため、入社直後からさまざまな部署で経験を積んだ正社員には、自分がまとめるチーム員の指導役になることも求められます。

・正社員のライン作業は派遣社員やバイトと同じ内容?

即戦力にはならない未経験者の場合、まずその会社の事業や各部署の業務内容を知ってもらうために、さまざまな製造現場に配属されます。そのため、入社直後の新人正社員と派遣社員やアルバイトの仕事内容に、大きな違いはありません。
ですが、正社員の場合、ライン作業に特化したスペシャリストや職人よりも、工場の業務全体を把握するオールラウンダーを育てるイメージで人材教育が進められていきます。正社員だけにこうした対応をする理由は、その人材に将来の管理職や工場長になることを期待しているからです。

・ライン現場における正社員のリーダー的な仕事

ひととおりの研修を通して立派な戦力になった正社員は、次に現場をまとめる役割を担います。有期契約や非正規労働者の多い製造現場では、長期間フルタイムで働く正社員がリーダーになるのが一般的です。管理職ではない若手の場合、自らもライン作業をおこなうプレイングマネージャー的な位置付けになることも多いと言われています。

・現場の人材育成や教育も正社員の大事な仕事

有期契約の多い製造現場では、自分の持ち場の知識しかない従業員がほとんどです。そのため、入社直後からさまざまな部署で経験を積んだ正社員には、自分がまとめるチーム員の指導役になることも求められます。

3. 工場の生産や品質の管理をおこなう正社員の仕事内容

多くの工場には、他業種と同じように人事や経理、総務といった間接部門の仕事があります。

・工場の正社員として間接部門で働くには?

工場の間接部門には、求人サイトから直接応募する方法と、製造現場の仕事を経て人事や総務に異動するなどの入り方があります。製造ラインと比べて人数の少ない間接部門では、即戦力になるだけの経験や知識が求められます。そのため、求人サイトから間接部門への入社を目指すときには、簿記資格や事務職の実務経験があるのが理想です。

・工場の間接部門における正社員の仕事内容

少人数の間接部門の場合、臨機応変に動くオールラウンダーが多い傾向があります。工場の総務や庶務では、正社員とパートの間に大きな仕事内容の違いはありません。雇用形態も多彩で、契約満了による離職や新規採用も多い工場の間接部門は、大半が正社員となるホワイトカラーの業種などと比べて事務作業が多いです。大手企業の事業所などの場合は、経理の仕事がない代わりに、本社スタッフとのやり取りする業務が発生します。

4. 工場の管理職として働く正社員の仕事内容

一般的な工場には、他業種と同様に管理職などの役職が設けられています。派遣やアルバイトではなれない工場の管理職は、正社員のキャリアアップによって就ける役職です。重労働が中心の工場では、係長や課長以上の役職になると同時に、現場を離れる人が多い傾向があります。製造業における各管理職の役割や一般的な仕事内容は、以下のとおりです。

・工場における係長の仕事内容

工場の係長は、いわゆるプレイングマネージャーです。一般的な製造現場では、係長が正社員やパート、派遣社員などを含めた20人以上のチームをマネジメントします。具体的な仕事内容は、挨拶などの指導や工程管理、作業管理、行動管理、人材育成などが中心です。

・工場における課長の仕事内容

課長クラスになると、部や課のように管理対象の規模が大きくなります。出世によって現場を離れた課長の場合、稟議書や届出書の承認や、従業員の評価面談などが主な仕事です。現場の責任者でもある課長は、お客様やメーカーなどとの体外対応や、新たなプロジェクトの創出なども任されます。

・工場における部長の仕事内容

製造業の部長になると、管理よりも、事業経営の当事者として意思決定をする仕事が多くなります。例えば、現場の抱えた問題に対して改善方法や戦略を策定するのも、部長の大事な役割です。また、部長クラスになると、係長や課長のような従業員個人を対象とした業務よりも、組織全体を動かす仕事が中心になっていきます。

・工場における工場長の仕事内容

工場の最高責任者とも言える工場長は、現場からの叩き上げで就任する人が多い役職です。細かな序列は企業によって異なる傾向がありますが、工場を「現場の長」、部長を「経営側の長」と位置付ける会社が多いと言われています。業務を全て取り仕切る工場長は、全体の目標設定の他に、働きやすい環境づくりなどもおこないます。また、工場内に労働災害などが起こった場合に、総責任者として責任をとるのも工場長の大事な役割です。

5. まとめ

・環境と条件により様々

工場で働く正社員の具体的な仕事内容は、企業規模や業種、配属部署といった会社側の環境と、本人の経歴や社歴などの条件で変わる傾向があります。将来的に管理職や工場長へのキャリアアップが期待される正社員の場合、入社直後からさまざまな製造ラインをまわり、ひととおり仕事を覚えた段階で、現場のチームリーダーや教育担当になるのが一般的です。

間接部門や管理職では、他業種と同じように直接部門となる製造現場とは大きく異なる仕事に携わります。このような特徴のある工場の正社員に興味のある人は、ぜひ求人サイトから自分に合った仕事を探してみてください。

 

Copyright 2021 J's Factory inc. All Rights Reserved.

PAGE TOP