工場で正社員になるためには?求人応募の注意点や自己分析の重要性を徹底解説

お仕事情報ネット
お問い合わせ

最終更新日:2020年10月27日 掲載案件数 58292
お仕事情報ネット
お問い合わせ
お仕事情報ネットTOP / お仕事情報ガイド / 工場で正社員になるためには?求人応募の注意点や自己分析の重要性を徹底解説

工場で正社員になるためには?求人応募の注意点や自己分析の重要性を徹底解説

掲載日:2020年03月27日

更新日:2020年06月10日

工場で正社員になるためには?求人応募の注意点や自己分析の重要性を徹底解説

目次

  1. 工場で正社員になるために
  2. 最初から正社員採用の工場に応募するときのポイント
  3. 正社員登用が前提の工場に応募するときのポイント
  4. 正社員登用の実績がある工場に応募するときのポイント
  5. まとめ

1. 工場で正社員になるために

安定性の高い仕事を求めるとき、工場で正社員になることを検討する人は意外に多いのではないでしょうか。製造業で正社員として働くには、未経験者には想像もつかない複雑なルートや注意点があると言われています。
そこで今回は、工場勤務で正社員として雇用されるために、実践したいポイントなどを詳しくご紹介していきます。

・工場で正社員になるためには多彩なルートがある

工場には、「いつ正社員になれるか?」によって、次のようにさまざまな採用ルートが存在しています。

  • 最初から正社員採用の工場求人
  • 正社員登用が前提の工場求人
  • 過去に正社員登用の実績がある工場の求人

このように多彩な求人のある製造業の場合、企業側で正社員までの道をどう捉えているかによって、求職者の実践するアプローチやアピール方法も変わってくると考えられます。

・自分に合ったルート、工場求人はどのように選べば良い?

転職活動を成功させるには、「自分はどうなりたいか?」を明確にする自己分析が重要です。全ての求人ですぐに正社員になれるとは限らない工場の場合、他業種よりも慎重な分析、判断が必要となります。

自己分析の結果、「派遣や契約社員からではなく、今すぐ正社員になりたい」と思った場合、目を通す求人情報も自然に絞り込めます。一方、自己分析なしで転職活動を始めた場合、あまりにも豊富な工場求人に目移りをして、最適な判断が難しくなることもあるのです。

ちなみに、早い段階で自己分析をしておくと、自分の長所や短所、希望条件などが明確になり、履歴書作りや面接対策も進めやすくなります。求人情報の取捨選択もしやすくする自己分析は、業種問わず転職活動の成功に欠かせないものと考えられているのです。

2. 最初から正社員採用の工場に応募するときのポイント

最初から正社員として働ける好条件求人は、競争率が非常に高い傾向があります。そのため、このルートで正社員登用を目指す場合、次のポイントを抑えて、他の方法よりも慎重に応募書類の記入や面接対策を進める必要があります。

・経験者が正社員採用の工場に応募する場合

今まで同じ製造業で仕事をしてきた人には、経験者であることのアピールによって、他業種からの転職者や未経験者との差別化を図りやすい利点があります。履歴書や職務経歴書を作るときには、過去の工場勤務で取得した資格や、実際に携わった業務内容なども忘れずに記入してください。

業務問題の効率化や安全衛生などへの積極的な取り組み、リーダーシップといったライン作業以外のアピールも、経験者だからこそ書ける内容です。面接に臨むときには、新しい応募先につながる退職理由も考えておくようにしてください。

・未経験者が正社員採用の工場に応募する場合

一度も工場で働いたことのない未経験者は、経験者と比べて不利な部分が非常に多いです。そのため、求人情報に「未経験者歓迎!」と書かれていても、自分の他に多くの経験者が応募している可能性を想定し、慎重に活動を進める必要があります。

アピールポイントの少ない未経験者はまず、自己分析を通して次の3つを面接で答えられるようにしてください。

  • 採用担当者に納得してもらえる自然な退職理由
  • なぜ製造業なのか?なぜこの会社なのか?(志望動機)
  • 自分は応募先の工場にどんな利益を与えられるか?

これらの内容が整理されていれば、工場勤務の経験がない人でも面接官に違和感を与えることなく、自然な自己PRができるようになります。

3. 正社員登用が前提の工場に応募するときのポイント

このカテゴリで代表的なのは、最長6ヶ月の派遣期間終了後、本人と派遣先企業の双方が合意したときに正社員になれる、紹介予定派遣という制度を利用する工場です。他には、契約社員やアルバイト、パートで入社した人が、働きぶりなどの総合的な判断によって、後に正社員になれるパターンもあります。

・正社員登用が前提の工場に応募するときの注意点

このタイプの求人で最も大事なのは、まず「どのぐらいの期間、どのぐらいの確率で正社員になれるか?」をチェックすることです。景気や受注状況で生産量の変わる工場では、ライン作業者を非正規雇用にすることで、人件費の調整をしやすくしています。

また、正社員登用が前提の求人では、最初の数ヶ月をトライアル的な期間と位置付けている場合もあるのです。このあたりの考え方は企業によって異なりますので、まずは「正社員登用あり」の言葉に流されず、具体的な期間などを調べるようにしてください。

・紹介予定派遣なら6ヶ月で正社員になれる?

紹介予定派遣制度を使う企業側には、約半年かけて実際の仕事を覚えてもらい、適性を見極めたいという意図がある場合が多いです。

6ヶ月の間にミスやトラブルが多く、「正社員として働いてもらうことは厳しい」という判断に至った場合は、正社員になれないだけでなく、派遣期間も終了してしまう可能性も出てきます。そのため、将来的に正社員になる目的で紹介予定派遣を選択するときには、この制度の仕組みをしっかり把握することも忘れないようにしてください。

・採用後の努力や頑張りが重要

このタイプの工場に採用されたときには、通常業務の中で正社員への審査が行われていると捉えて、日々の仕事に真剣に取り組む必要があります。

企業では正社員登用をする人材に対して、休日出勤や残業への貢献度や責任感、リーダーシップなどを求める傾向があります。そのため、言われた作業を黙々とこなしているだけでは、正社員を目指すライバルたちに負けてしまうこともあるのです。

一定期間働いて契約満了となる期間工の場合、休憩室などでも誰とも話さず、ひとりランチなどをする人も少なくない実態があります。一方、将来的に工場を支える管理職や幹部になる可能性もある正社員の場合、同僚とのコミュニケーションも大事な評価ポイントとなってきますので、会話の苦手な人は注意をしてください。

このような視点で評価や審査が行われる工場で正社員を目指す場合は、入社直後から積極的なコミュニケーションを図り、将来につながる人間関係を築くのが理想となるでしょう

4. 正社員登用の実績がある工場に応募するときのポイント

・しっかりと情報を集め見極める

かつて正社員登用の実績がある工場に応募する場合、過去ではなく「今どうなのか?」を考える必要があります。たとえば、5年前に年間10人を正社員にしていても、いま、同じ人数が正社員になれる保証はありません。

ネットの普及する今の時代は、口コミサイトなどを見ることで、正社員登用のペースや確率を把握できる場合もあります。また、情報が少なすぎる場合は、思い切って面接で気になることを質問してみても良いでしょう。「最低でも1年以内に正社員」といった具体的な目標を持って転職活動をする場合は、なるべく正社員登用の傾向やデータが明確な企業に応募するのがおすすめです。

・採用後にすべきことは紹介予定派遣と同じ

このタイプの会社で正社員を目指す場合も、やはり紹介予定派遣などと同じように日々の仕事の中でアピールをし続ける必要があります。入社からしばらく経ち、先輩などと雑談もできる関係が築けた場合は、かつてどんな人材が正社員になっていったかなどの傾向を尋ねてみても良いでしょう。

5. まとめ

・採用後にすべきことは紹介予定派遣と同じ

工場で正社員になるには、自己分析を通して希望条件をしっかり把握した上で、自分に合った求人を見ていく必要があります。はじめから正社員として働ける工場求人には、競争率が非常に高く、経験者が有利になる特徴があります。

一方、将来的な正社員登用を前提とする工場への応募時は、正社員になれるまでの具体的な期間や確率、評価基準なども確認してください。現場の上司や事業主から「正社員にしてあげたい」と思ってもらうためには、業務への積極的な姿勢や会社への貢献度、高いコミュニケーション力などをアピールする採用後の姿勢も必要となるでしょう。

 

Copyright 2020 J's Factory inc. All Rights Reserved.

PAGE TOP