工場の給料は安い?高い?その理由と今より給与が上がるコツを徹底解説

お仕事情報ネット
最終更新日:2021年04月23日 掲載案件数 90907
お仕事情報ネットTOP / お仕事情報ガイド / 工場の給料は安い?高い?その理由と今より給与が上がるコツを徹底解説

工場の給料は安い?高い?その理由と今より給与が上がるコツを徹底解説

掲載日:2020年04月24日

更新日:2020年07月20日

工場の給料は安い?高い?その理由と今より給与が上がるコツを徹底解説

目次

  1. 工場の給料は安い?高い?
  2. 工場の給料を左右する7つのポイント
  3. 工場の給料が今より上がる方法はある?
  4. まとめ

1. 工場の給料は安い?高い?

給料の高さは、工場への転職を考える多くの人が重視するポイントです。実際に製造業の会社で働いてはみたものの、自分の思い描く収入が得られなかった場合、もっと給料を増やしたいと思いますよね。

そこで今回は、工場の給料が決まるポイントや、今からでも実践できる給料アップの方法を徹底解説していきます。

・ほかの仕事と比べて高い?安い?

工場の給料が高いかどうかの判断は、会社側から提示される雇用条件や、労働者本人の職歴、価値観などによって大きく変わります。

たとえば、今までIT業界で年収500万円もらっていた人が、転職によって年収400万円の食品工場に入った場合、「工場の給料は安い」と感じてしまいます。

一方、数百円の時給で接客業をしていたフリーターが工場の正社員になった場合、毎月決まったお金が入るだけで「工場の給料は高い」と感じることもあります。

こうした実情を考えると、給料重視で工場選びをするときには、ネット上の口コミや評判に流されず、自分の判断基準で比較検討を進めるのが理想です。

2. 工場の給料を左右する7つのポイント

工場から支払われる給料相場は、次のような条件によって開きが出やすい傾向があります。

1.業種・取扱商品の違い

将来的にも成長が期待できる自動車・重機・先進技術・医療・製薬などの工場は、全体的に給料が高いです。一方、海外からの輸入も多く、商品単価も安い食品工場などの場合、給与相場もそう高くない傾向があります。
このように、会社の業種が賃金に大きな影響をもたらす工場転職は、「どんな製品を作っている会社なのか?」については、特に関心を持つようにしてください。

2.雇用形態の違い

正社員、派遣社員、契約社員、アルバイト、パート、期間工といった多彩な雇用形態も、工場勤務の給料に開きが出る原因のひとつです。世間一般では、同じ企業で長く働き続ける場合、正社員になるのが最も効率的にお金を稼げる方法だと考えられています。

これに対して、大手自動車部品メーカーの工場などでは、新人の正社員よりも期間工のほうが遥かに多くの給料をもらえることもあるのです。

このように、「正社員だから年収が高い、非正規雇用だから安い」とは一概にいえない製造業では、固定概念にとらわれず自分に合った雇用形態で働くのがおすすめです。

3.時間外労働の違い

残業や休日出勤、夜勤の多い会社では、たくさんの時間外手当によって給料が増えやすくなります。特に基本給の25%割増となる深夜勤務は、収入重視で工場勤務を目指す方におすすめの働き方です。ただし残業時間が増えすぎると、ワーク・ライフ・バランスや健康面に悪影響が出ることもありますので、応募先を選ぶときには注意をしてください。

4.職種の違い

工場では、生産労働者や技術労働者、管理者など、多彩な職種の人が働いています。この中で給料が安いのは、生産ラインで組み立てや完成品の梱包などを続ける生産労働者です。

一方、安全かつ効率的な生産方法を考える技術者や、品質管理者などは、全般的に賃金が高い傾向があります。こちらの職種に就きやすいのは、製造業の経験者、資格保有者、高学歴の方々です。

5.資格の違い

さまざまな危険物やマシンを使う工場には、次のような資格・免許がないと就けない職種もあります。こうした資格・免許を持つ人は、資格手当の支給条件で応募先を選んでみても良いでしょう。

✓ 危険物取扱者

✓ フォークリフト免許

✓ 玉掛け(たまかけ)免許

✓ 衛生管理者

✓ 溶接技能者

✓ 電気工事士

✓ 電気主任技術者

✓ 廃棄物処理施設技術管理者

✓ 半導体製品製造技能士

✓ CAD関連の資格

6.役職の違い

工場内で次のような役職に就くと、基本給が増えたり、手当がもらえたりすることが多いです。企業内の管理職や幹部を目指すには、まず正社員になる必要があります。

✓ 現場のリーダー

✓ 班長

✓ 係長

✓ 課長

✓ 部長

✓ 工場長

7.企業規模の違い

大企業の下請けである中小企業や零細企業の場合、1次請け、2次請け、3次請けと下層になるにつれて多くの利益が抜かれ、労働者の給料も安くなる傾向があります。一方、大企業からの直接雇用で工場勤務できた場合、給料だけでなく全般的に好条件で働ける可能性が高いです。

3. 工場の給料が今より上がる方法はある?

今もらっている給料に満足できないときには、次のいずれかの目標に向かって行動を起こしてみてください。

・正社員を目指す

高い給料や将来の出世、安定性を求める人には、正社員として工場勤務するのがおすすめです。正社員になるには、契約社員やアルバイトからのステップアップや、紹介予定派遣といったさまざまな道があります。この目標に向かって製造現場で働くときには、リーダーシップやコミュニケーション力が高く、企業に貢献できる人材であることを上司などにアピールしてください。

・資格を取得する

資格手当を出す企業の多い製造業では、仕事をしながら危険物取扱者や溶接技能者、衛生管理者といった免許の取得を目指す方法もおすすめです。こうした資格を持っていると、キャリアアップや転職もしやすくなります。決まったシフトの中で働く工場勤務は、急な残業も少なく、計画的に試験勉強を進めやすい仕事です。

・出世を目指す

既に正社員として働いている場合、今の会社で現場リーダーや班長、係長、課長といった出世を目指す道もあります。同じ職場の中で目標設定するこの方法は、今の職場が嫌いではない人にとって、リスクが少なく確実性の高い選択肢です。ただし、役員などの幹部にならない限り飛躍的な給料アップが難しい実情がありますので、早く結果を出したい人は注意をしてください。

・転職をする

一気に給料を上げたい人におすすめなのは、他社に転職をする方法です。前述のとおり、雇用形態や企業規模、取扱製品などが変わると、今までよりも大幅に給料が増える可能性があるからです。

特に、資格保有者や製造業経験が長い人の場合、即戦力になることを期待されて、良い待遇で採用されやすくなるでしょう。転職への勇気が出ない人は、早めに求人サイトに登録をして、製造業の給与相場などに目を向けてみてください。

・大手企業の期間工を目指す

雇用の継続性や安定性にこだわらない人には、大手自動車メーカーなどの期間工として働く方法もおすすめです。大企業から直接雇用される期間工の場合、利益が中抜きされる心配もありません。

この働き方の魅力は、手当がとても充実していることです。中には、入社祝い金や功労金、満了慰労金だけでも数万~数十万円もらえる企業もあると言われています。食事付きの寮に入ると、生活費もあまりかかりません。ただしデメリットは、あらかじめ雇用期間が定められた有期契約であるということです。

4. まとめ

・判断基準をしっかり持つこと

働く環境や雇用形態がとても多彩な工場勤務には、労働者自身の価値観や比較対象によって、給料が高い・安いの判断が大きくわかれる傾向があります。工場の仕事で高い給料を目指すなら、口コミなどに流されない、自分なりの判断基準を持つ必要があります。

現状の賃金に満足できない人は、紹介予定派遣からの正社員や、同じ社内での出世、資格取得、期間工への転職といった新たな目標に向かって行動を起こしてみると良いでしょう。具体的な目標や判断基準が定まらないときには、工場求人の豊富なサイトに登録をしてみてください。

オススメの求人

 

Copyright 2021 J's Factory inc. All Rights Reserved.

PAGE TOP