バイト先で活躍できる!梱包作業を効率化するための方法を解説(お仕事情報ネット お仕事情報ガイド)

お仕事情報ネット
お問い合わせ

最終更新日:2020年05月29日 掲載案件数 14611
お仕事情報ネットTOP / お仕事情報ガイド / バイト先で活躍できる!梱包作業を効率化するための方法を解説

バイト先で活躍できる!梱包作業を効率化するための方法を解説

バイト先で活躍できる!梱包作業を効率化するための方法を解説

■梱包作業を効率化

・倉庫・工場などでの梱包作業

配送センターや倉庫・工場などで、食品・酒類、本・DVD、衣料・雑貨など、さまざまな商品を袋やダンボールに入れるのが梱包の主な仕事です。梱包が終了した商品は配送・配達され、お客様のところに届きます。ピッキングされ、検品・仕分けが済んだ商品が梱包されますが、検品・仕分けなどの業務の一部が梱包作業に含まれる職場もあるようです。

今回は、梱包作業を効率よく行うコツを解説しますので、職場で頼りにされたい方は、ぜひ参考にしてください。

 

・梱包はスピードと正確さで勝負!

ピッキング・検品・仕分け・梱包の一連の作業は、ある程度流れ作業になっています。そのような環境で効率的に作業をするためは、ミスをしない正確性と、スピードに配慮した仕事の段取りが大切です。では具体的に、正確性を上げてスピードをアップするにはどうしていけば良いのでしょうか。

 

・小さな工夫が効率化につながる

仕事に慣れて丁寧に作業を続けると、作業の正確化・スピードアップの工夫もできるようになるでしょう。単純な作業を続ける持久力・集中力はもちろん、イレギュラー仕事をこなす機敏さも身に付くようになります。正確な仕事で信頼を得ていくと、現場のリーダーに指名されたり、マニュアル制作などに意見を求められることもあるので、しっかり取り組みましょう。

 

■基本的な工夫の具体例

・梱包場のレイアウトはムダをなくす

梱包場は、必要なものが置けて、作業者がムダに動き回ることなく作業ができるようになっていますか?特に大物商品の梱包の場合、作業者の移動が発生しがちです。商品の置き方を工夫して、できるだけ人が移動しないで済むようにします。働く人の動きに無理やムダがないように考えていきましょう。

 

・梱包台のスペースは適正?

梱包スペースは広ければいいというわけではありません。梱包台が大きいと、物が手元から離れてしまいがちだからです。作業台が広すぎると商品が手元から遠いところにも置かれてしまい、梱包作業の手間が増えてしまいます。梱包台のスペースは狭すぎない程度で、作業を行うのに適度な広さで十分です。

 

・梱包台の高さは合っている?

作業の担当者が腰などに痛みを訴えている場合、梱包台の高さに問題があります。体に痛みがあると作業の正確性向上もスピードアップも期待できません。快適に作業できる高さに調整してもらいましょう。

 

・梱包資材の置き場所・ストックは重要

梱包にはいくつか資材が必要です。出荷用の箱・出荷袋・緩衝材・紐・テープ類などが、ストックも含めて作業しやすいようにまとめられていますか?梱包資材を探さなければいけない環境は、作業効率を下げるだけでメリットはありません。また、これらの資材のストックは、置き場所はもちろん、量も大切です。資材を補充しようとした時にストックがなかったら、いきなり気分が落ち込んでしまいます。

梱包作業の職場環境は、以上のように、ちょっとした工夫で作業効率がグンと上がる場合があります。職場に思い当たる状況がある方は、明日にでも改善を提案してみましょう。

 

■まとめ

・梱包作業はスキルアップでやりがい実感

梱包の仕事は、特別な資格も必要なく、比較的簡単にはじめられます。限られた期間・時間でも仕事が見つけやすいのもいいところです。商品を丁寧に梱包するスキルは経験で向上しますから、予想以上にやりがいも感じます。

 

・梱包作業はコツをつかんで効率化しよう!

倉庫や配送センターは、忙しさのあまり乱雑な環境になってしまいがちです。実はこのような職場こそ整理整頓が求められます。ルールに基づいた整理整頓で梱包作業の効率はグンとアップするのです。

毎日少しの時間でいいので整理整頓の時間を設け、ルールに沿った作業ができる環境が整っていれば、作業効率が良い状態は維持できるのです。あなたのそんな工夫は、職場の仲間もきっと頼りにしてくれるでしょう。

 

注目のお仕事ピックアップ求人!

 

Copyright 2020 J's Factory inc. All Rights Reserved.

PAGE TOP