製造業のフォークリフト作業の求人を受ける時の志望動機、どう作ればいい?

お仕事情報ネット
お問い合わせ

最終更新日:2020年07月03日 掲載案件数 28536
お仕事情報ネット
お問い合わせ
お仕事情報ネットTOP / お仕事情報ガイド / 製造業のフォークリフト作業の求人を受ける時の志望動機、どう作ればいい?

製造業のフォークリフト作業の求人を受ける時の志望動機、どう作ればいい?

掲載日:2020年02月28日

更新日:2020年06月10日

製造業のフォークリフト作業の求人を受ける時の志望動機、どう作ればいい?

目次

  1. フォークリフトの資格
  2. 製造業のフォークリフト作業に向いている人を知ろう
  3. 自分の強みを把握しよう
  4. 企業研究をしよう
  5. 製造業のフォークリフト作業の求人を受ける時の志望動機の例文
  6. まとめ

1. フォークリフトの資格

・フォークリフトの資格を活かそう

フォークリフトの資格を持っているのに全く違う職種についていて、せっかくの資格を活かし切れていない…なんてことはありませんか?もしくは、フォークリフトの資格を取得したので、フォークリフト作業の仕事をしたい!と考えている方も多いのではないでしょうか?

しかし、資格を持っているだけでは、実際に仕事に就けるわけではありません。ほとんどの場合、書類審査や面接が必要なのです。その書類審査や面接で必ずチェックされるのが、「志望動機」。

本記事では、製造業のフォークリフト作業の求人での志望動機の作り方を詳しく解説いたします。躓きがちなポイントなので、受ける前に必ずチェックしておきましょう。

2. 製造業のフォークリフト作業に向いている人を知ろう

・会社が欲しい人材とは

フォークリフトは、工場や倉庫で、数多くの荷物を1度に運ぶことのできる車です。そんなフォークリフトを使って作業する仕事に向いている人を知ることは、志望動機を作る上でとても重要。会社が欲しい人材を把握しておけば、それに合わせた志望動機を作成できる、というわけです。

製造業のフォークリフト作業に向いているのは、以下の3点を押さえている人です。自分が当てはまっているかも含めて確認しましょう。

・丁寧な仕事ができる人

工場や倉庫内で作業するフォークリフトは、高く積み上がった荷物や限られたスペースでの作業など、安全性に配慮した仕事が求められます。

・周囲を良く見ることができる人

どんな仕事でも、仕事中の事故は御法度です。特にフォークリフトは小型ながら“車”なので、人と接触してしまうと大事故になってしまうこともあります。工場や倉庫内では人が行き交うことも多いので、周囲をよく見ながら運転する技術が求められます。

・フォークリフトの運転が好きな人

仕事場にもよりますが、1日中フォークリフトを運転しなければいけないところもあります。神経を使う仕事だからこそ、好きでなければ続けられません。

3. 自分の強みを把握しよう

・経験以外のアピール

前述したフォークリフト作業に向いている人を知り、それに合わせて志望動機を作っても、それだけではまだ弱いのが事実です。特に、フォークリフトの資格を取りたての場合は、経験以外のアピールが必要です。自分だけの強みをプラスすることで、さらに魅力的な志望動機にしましょう。

コミュニケーション能力や、協調性、細かい作業が得意など、一見フォークリフトに関係のないことでもOKです。

4. 企業研究をしよう

・企業理念に共感しよう

「この企業だから行きたい!」というアピールも重要です。主にチェックしておきたいのは、企業理念。企業がどのような価値観なのか、今後の展望はどうなっているのか、をしっかり確認しておきましょう。

企業理念に共感できれば、志望動機が作成しやすくなりますし、共感できない場合はそもそも志望しない、というふるいにもなります。

5. 製造業のフォークリフト作業の求人を受ける時の志望動機の例文

・具体的な内容は・・・

実際にどのような文を書けばよいのか、迷ってしまう方も多いでしょう。そこで、ここでは具体的な例文をご紹介します。

「私は前職でフォークリフトを3年間運転しておりました。その間1度も事故を起こしたことはなく、丁寧な仕事ぶりは常に評価されてきたという自負があります。この度は、御社の環境保全に対する活動などに感銘を受け、貢献したいと思い応募させて頂きました。御社に入った暁には、前職で培ったコミュニケーション能力を活かして一緒に働く方々と協力し、御社に貢献させて頂きます。」

6. まとめ

・素直な気持ちを伝えよう

製造業のフォークリフト作業は、工場や倉庫内で必要不可欠な作業です。そんなフォークリフト作業に応募する際は、企業がどんな人材を求めているか、自分の強みは何か、その企業の魅力は何なのかを知り、志望動機を作成しましょう。

色々なポイントをご紹介しましたが、最も大切なのは「自分の気持ちを伝える」ということです。採用担当の人は、たくさんの人々を見ています。上っ面ではなく、素直な気持ちを誠心誠意伝えましょう。

 

Copyright 2020 J's Factory inc. All Rights Reserved.

PAGE TOP