工場勤務で管理職になるにはどうすればいい?仕事内容やメリットも解説

お仕事情報ネット
お問い合わせ

最終更新日:2020年09月22日 掲載案件数 28498
お仕事情報ネット
お問い合わせ
お仕事情報ネットTOP / お仕事情報ガイド / 工場勤務で管理職になるにはどうすればいい?仕事内容やメリットも解説

工場勤務で管理職になるにはどうすればいい?仕事内容やメリットも解説

掲載日:2020年05月22日

更新日:2020年06月10日

工場勤務で管理職になるにはどうすればいい?仕事内容やメリットも解説

目次

  1. 工場勤務で管理職になるために
  2. 工場勤務における管理職の種類と仕事内容とは?
  3. 工場勤務の管理職になるメリットとは?
  4. 工場勤務の管理職にもデメリットはある?
  5. 工場勤務で管理職になるにはどうすればいい?
  6. まとめ

1. 工場勤務で管理職になるために

「工場勤務でも、管理職として働けるのだろうか?」
「工場勤務の管理職になると、どんな仕事を任せられるのだろうか?」

この記事では、工場勤務における管理職の種類や仕事内容を詳しく解説していきます。メリット・デメリットや、製造業の管理職を目指すために実践して欲しいことも紹介しますので、工場に転職予定の方はぜひ確認してみてください。

2. 工場勤務における管理職の種類と仕事内容とは?

工場勤務の管理職になると、役職別に以下のような仕事を任されるようになります。

・工場勤務における係長の役割と仕事内容

製造業の係長は、自身もライン作業をおこなうプレイングマネージャーであることが多いです。一般的な仕事内容としては、20人以上のチームにおける作業や工程の管理、新人教育、挨拶の指導などが中心となります。

ですから、上司から係長への指名や推薦を受けるには、製造ラインにおける一連の作業ができるようにしておく必要があるでしょう。

・工場勤務における課長の役割と仕事内容

課長になると、品質管理部や製造1課というように管理対象が大きくなります。実際に任せられる仕事内容は、生産管理部門との相談で製造量の決定、安全対策などの工夫、人事評価、届出書の承認などが一般的です。

・工場勤務における部長の役割と仕事内容

部長になると、管理よりも発展、個人よりも組織力向上につながる経営面の仕事がメインになります。現状分析や最適化といったマネジメントスキルも求められますので、今まで現場だけで活躍してきた人は、経営ノウハウなどのセミナーなどを受けても良いかもしれません。

・工場勤務における工場長の役割と仕事内容

工場長は、製造拠点における最高責任者です。大企業では、支社長や支店長と同クラスに位置づける会社が多い傾向があります。工場長になると、取引先への挨拶や総責任者としてのトラブル対応といった体外的な仕事が増えます。
また、拠点の目標策定などもおこなう工場長は、現場からの叩き上げで頑張ってきた経験やノウハウも十分に活かせる役職であると言えるでしょう。

3. 工場勤務の管理職になるメリットとは?

製造業の会社で管理職になると、仕事やプライベートに次のような好循環が生まれやすくなります。

・賃金などの待遇が良くなる

工場勤務で管理職になる最大のメリットは、基本給などが上がり待遇面が非常に良くなることです。会社によっては、一般の従業員とは異なる管理職向けの社宅を用意していたり、管理職手当が支給される場合もあります。

管理職になって収入や居住環境がよくなると、結婚や子育てなどのプライベートも充実しやすくなります。

・仕事にやりがいが生まれる

工場の管理職がおこなう現場の生産性や品質向上に向けた工夫、部下の育成などは、単調なライン作業とは大きく異なる仕事です。管理職の適性が高い人の場合、自分で考えることの多い仕事内容に対して面白さややりがいを見出す傾向が高いと言われています。

また、生産量や在庫量、人件費などのコストなどを数字で管理する工場の場合、管理職がおこなった挑戦や施策の成果が見えやすいです。そのため、改善策などが成功した場合、次のチャレンジをするモチベーションなども高まりやすいと言われています。

・次の転職がしやすくなる

長年の工場勤務で管理職になった人は、派遣社員やアルバイトなどと比べて遥かに同業種への転職がしやすくなります。また、工場勤務中に生産性の向上や品質向上などの施策に成功した場合は、その話を面接で話すことにより、応募企業に効果的な自己アピールが可能となるでしょう。

・社会的信用が高まる

長年同じ会社で働いて管理職になった場合、社会的信用が高まることでローンなどの審査も通りやすくなる可能性が高いです。これは、金融機関などに提出する申込用紙の中に勤続年数や所属部署、役職などの記入欄があることから考えられるメリットです。

いわゆる貸し倒れを防ごうとする銀行などでは、基本的に安定的な収入のある人と契約したいと考えます。ですから例えば、今の工場で3ヶ月しか働いていない契約社員よりも、勤続10年の課長や部長のほうが審査通過する可能性は高いです。

4. 工場勤務の管理職にもデメリットはある?

公私ともにメリットの高い工場の管理職にも、人によっては次のようなポイントで不満や不安を感じることがあります。

・残業代が出ないことがある

待遇面で注意したいのが、管理職に昇格した途端、残業代などが支払われなくなることです。例えば、今までたくさんの残業によって総支給額における割増賃金の割合が大きかった場合、管理職になることで給与が下がる可能性もあると言われています。

これは、労働基準法で「事業の種類にかかわらず管理もしくは監督の地位にある者」に対して割増賃金を払わなくても良いとしているからです。具体的な対応は各企業によって異なりますが、これまで残業代が多かったプレイングマネージャーなどは注意をしてください。

・責任が増える

管理職になると、必ず部下の行動や品質、生産量といったさまざまな部分で責任が生じるようになります。そして、会社の信用に関わる失敗や異物混入などの事故が起きた場合、その部署の責任者として上司やお客様への説明、謝罪が求められるようになるのです。
こうしたトラブルは、管理職が提案する対策によって改善できるものです。そのため、現状の問題をさまざまな工夫で解消すれば、責任をやりがいに転換できるかもしれません。

・コミュニケーション力が求められる

チーム員や上司である部長や工場長といったさまざまな人とのコミュニケーションも大事な仕事です。今まで自分の担当作業を黙々と続けられるライン作業に魅了されていた人の場合、人と話すことの多い毎日がストレスになる場合もあるかもしれません。

5. 工場勤務で管理職になるにはどうすればいい?

工場で管理職として活躍するには、以下のポイントを重視した転職活動や日々の仕事の実践が必要です。

・正社員になれる可能性の高い会社に入る

将来的に管理職になるには、まず正社員として長く働ける企業に入る必要があります。しかし、今まで製造業で働いたことのない未経験者の場合、最初から正社員採用に応募することにハードルの高さを感じるかもしれません。

工場勤務には、紹介予定派遣のように半年ぐらい働いた後、会社から認められた場合に正社員になれるルートもあります。ですから、未経験者でも頑張り次第で正社員になりやすい製造業は、その先にある管理職も目指しやすい業種であると捉えて良いでしょう。

・自分の適性に合った会社や業界を見つける

管理職として現場や会社をリードする人材になるには、仕事の早さや丁寧さ、職場での振る舞いといったさまざまな部分で上司から高評価を受ける必要があります。ですから、管理職を目指して工場勤務をするなら、なるべく自分の適性に合っていて活躍できる可能性の高い会社を選ぶようにしてください。

・他業種の経験や実力をアピールする

過去に一度も工場勤務をしたことがない人でも、今まで働いてきた他業種の経験や実績をアピールすることで、比較的早く管理職になれる場合もあります。例えば、業務問題の改善や大規模プロジェクトの管理経験などがあるときには、その内容を具体的に履歴書に書いておくと良いでしょう。

ただし製造業では基本的に、将来の管理職候補でも最初はラインでひと通りの作業を覚えるための研修がありますので、やはり自分の適性に合う業界を選ぶ作業は入念におこなってください。

・人間関係や積極性を大事にする

一般的な工場では、人間関係を大切にしながら会社に貢献する人材を管理職にしたいと考えています。ですから、管理職になるために製造業の会社に入ったら、教えられた仕事を黙々とこなすだけでなく、自ら積極的に質問や協力などをしてください。

特に契約社員や紹介予定派遣などから正社員、管理職とステップアップするには、入社直後から上司に見られていることを意識しながら、日々の仕事をおこなう必要があるでしょう。

6. まとめ

工場勤務の管理職における種類や呼称は、その大半が他業種と同じです。係長や課長、中小企業の場合、プレイングマネージャー的要素が強いところが、製造業で働く管理職の大きな特徴になるかと思います。

工場で管理職になると、賃金や社会的信用、やりがいが高まるなどのメリットが得られます。ただし企業側で、管理職を管理監督の地位と位置づけていた場合、残業代が出ないなどのデメリットが生じることもあるようです。

製造業の会社で管理職として勤務するには、自己分析をしっかりおこなったうえで、自分の適性に合った部署で正社員として働ける道を模索するのが理想となります。そして紹介予定派遣や候補採用もある製造業は、初心者でも正社員を目指しやすい業種です。

入社後は人間関係を大事にしながら、仕事に対する積極性や協調性などをアピールするようにしてください。

 

Copyright 2020 J's Factory inc. All Rights Reserved.

PAGE TOP