機械オペレーター・製造装置オペレーターのお仕事特集

お仕事情報ネット
お問い合わせ

最終更新日:2020年10月27日 掲載案件数 58272
お仕事情報ネット
お問い合わせ
お仕事情報ネットTOP / 【特集】製造機械・装置オペレーター

 

製造機械・装置オペレーター

機械・装置のオペレーター特集

製造工程におけるオペレーターの仕事は、機械操作や各種段取りです。
精密な加工を行う機械も操作する人がいなければ、製品を作り出す事は出来ません。

一口にオペレータと言っても、操作する機会や経験、生産工程によって幅広い役割があります。決められた作業段取り通りにボタン操作を行いロボットや装置を操作する作業から、図面や製品の仕様を読み取って自由自在に設備を操るエンジニアまで。

オペレーターとは?

製造業で使用される精密な加工機械、それら機械の操作を行うのがオペレーターです。
機械の種類や製造している物によっても異なりますが、オペレーターの役割は操作とその段取りです。

オペレーターの魅力

最初は操作を習得し、徐々に専門的な技術や知識を身に着けることができます。
未経験から始められて将来性がある点が、オペレーターの魅力です。

こんな方にオススメ

オペレーターとして機械の操作を覚え機械や製品の事を勉強しながら、より難易度の高い役割にチャレンジしていくエンジニアになる人もいます。
将来的に技術や知識を身についてエンジニアになりたいという方におススメです。

【オペレーターの仕事1 ボタン操作】
製品の素材を決められた装置にセットして、加工ボタンの操作を行います。予め設定されたプログラム通りに装置が素材を加工又は組立等を行いますので、出来上がった製品を取り出して簡単なチェック。そして、次の工程に送り出します。機械の稼働中には、次にセットする素材の段取りや、作成した製品のデータを記録するなどの業務が付随する場合もあります。
【オペレーターの仕事2 装置の設定】
量産的な製品を製造する工程でも仕様を変更する必要がある場合、また製品そのものが複数存在する場合もあります。その際に、次に加工しようとする製品に合わせて装置の設定を変更するのも重要な役割。当然、機械や製造する製品の特長を理解してから任させるようになります。更に経験を積んでいく事で、簡単なマシンのメンテナンスなども担当する場合も!
【オペレーターの仕事3 エンジニア】
次のステップでは、決まった操作を担当するオペレーターから、エンジニアと言われる領域の仕事に変化してくると思って下さい。例えば、旋盤やマシニング等の自動機を使った加工では、図面を読み解き精密な切削加工を行うためのプログラムの設定。ロボットアームを扱う工程では、ロボットの動きそのものを決定するティーチングなどの役割を担当するようになります。

機械・装置のオペレーターの
お仕事はコチラ

 

Copyright 2020 J's Factory inc. All Rights Reserved.

PAGE TOP