職安・工場・寮・住み込みなど、求人探しはお仕事情報ネット(正社員・契約社員・派遣・パート・アルバイト)

お問い合わせ

最終更新日:2019年11月15日 掲載案件数 10265
お仕事情報ネットTOP / お仕事情報ガイド / 製造業に正社員として就職するには?志望動機や面接対策

製造業に正社員として就職するには?志望動機や面接対策

製造業に正社員として就職するには?志望動機や面接対策

■製造業で正社員になる方法とは?

正社員を募集している求人に応募する

製造業で正社員になるなら、正社員を募集している企業に応募することが手っ取り早いです。正社員の場合は資格が必要なケースもありますが、未経験で資格がなくても正社員を募集している求人もたくさんあります。

製造業は職種はもちろん、製造しているモノも多岐にわたるので、非常に多くの企業から正社員の求人募集が出ています。

製造業の求人は、ハローワークをはじめさまざまな求人サイトにも出されているので、まずは求人探しから始めるのがよいでしょう。

 

製造業の派遣会社に登録する

製造業を中心に派遣を行っている派遣会社に登録するのもひとつの手段です。派遣会社によっては、希望次第で求人サイトなどには出されないような正社員登用の求人を、積極的に紹介してもらえる場合があります。

まずはどのような仕事か知ってから正社員になりたい人や、さまざまな現場を見て、さまざまな仕事を経験してから正社員になりたい人は、派遣会社に登録してみるのもよいでしょう。

 

■製造業の正社員の仕事内容とは?

まずは作業現場の勉強から開始する

製造業の正社員になった場合、資格を活かした専門職の場合は、その職に特化するパターンがありますが、それ以外ならまずはひと通りの工程を勉強することから開始する場合が多いです。

アルバイトやパートなら、ひとつの工程のみを担当していればいいことも多いですが、正社員になるとそうはいきません。

人員が足りない部分は自分が入って補わなければならないこともありますので、とりあえずひと通りの工程を勉強することになるでしょう。

 

製造の工程の一部で作業をする

製造業は基本的に製造の工程の一部を担当して作業することが仕事になります。ここは派遣もアルバイトも正社員も変わりません。同じように仕事をして、製品の製造を進めていきます。

全工程をひと通り理解している場合は、日によってはいつもと違う工程を任せられることもあると思いますが、基本的には毎日同じ工程を担当することが多いでしょう。

 

従業員の管理や指導をする

製造業では正社員だけでなく、多くのアルバイトや派遣社員といっしょに作業をすることになります。正社員はアルバイトや派遣社員などの従業員を管理したり、リーダーとなって指導をしたりすることもあります。

指導はアルバイトが行うこともありますが、従業員のシフト管理だったり、現場を統括するのは正社員が行うことが多いです。

正社員になるとこのように、製造とは直接関係のない仕事も加わります。中には社内異動で、事務職を担当するようになるケースもあり、アルバイトや派遣社員と比べると、仕事内容は多岐にわたるようになるでしょう。

 

■製造業で正社員になる方法とは?

正社員を募集している求人に応募する

製造業で正社員になるなら、正社員を募集している企業に応募することが手っ取り早いです。正社員の場合は資格が必要なケースもありますが、未経験で資格がなくても正社員を募集している求人もたくさんあります。

製造業は職種はもちろん、製造しているモノも多岐にわたるので、非常に多くの企業から正社員の求人募集が出ています。

製造業の求人は、ハローワークをはじめさまざまな求人サイトにも出されているので、まずは求人探しから始めるのがよいでしょう。

 

■製造業で正社員になるための面接対策

製造業で正社員になるための志望動機はハッキリと

正社員になるために必ずと言ってもいいほど求められるのが志望動機です。なので、志望動機はハッキリさせておくことが大切です。

製造業で正社員になる人の志望動機は「モノを作るのが好きだから」「ものづくりの仕事に携わりたかったから」「資格を活かしたいから」「技術を身につけたいから」「その製品が好きだから」「製造に興味があったから」という理由が多いようです。

人によって志望動機は違ってくると思いますが、なぜ製造業にしようと思ったのか考えることで、志望動機はハッキリしてくるのではないでしょうか。よく考えることで、製造業に惹かれた理由がわかってくると思いますので、惹かれた理由をヒントに志望動機を考えてみてください。

 

自己PRでは短所と長所を伝える

面接でほぼ必ず行われるのが自己PRです。自己PRでは仕事に対する意欲をアピールするのもいいですが、あくまでも自分自身をPRする時間なので、自分自身のことを伝えなければなりません。

自分自身のことを伝えるなら、やはり長所と短所をしっかり伝えることが大切です。

自分の長所と短所は、自分はどんなことが得意でどんなことが苦手なのかを考えることでハッキリしてきます。

たとえば、手先の器用さが長所ならば効率的に仕事をこなすことができます。このような長所は積極的にアピールしていきましょう。

一方、短所を紹介する場合は、どのように短所をカバーするかがポイントになってきます。

たとえば、自分から積極的に意見を言うのが苦手なところが短所ならば、周りの意見をじっくり聞いて受け入れることができるという感じでカバーすることができます。

このように、長所と短所をハッキリさせることで、しっかりした自己PRをすることが可能です。

 

面接前に面接対策セミナーに参加しよう!

もし可能であれば、面接を受ける前に面接対策セミナーなどに参加することをおすすめします。

面接対策はハローワークなどでも行っていますが、エージェントが在籍している転職サイトでも行っている場合があります。

もし、面接対策セミナーなどの参加が難しいのであれば、第一志望の企業の面接を受ける前に、ほかの企業の面接を受けてみるのもおすすめです。

実際に面接を受けることで、本番の空気感や緊張感を体感できるので、よい練習になると思います。

 

エリアで見つける

 

 

Copyright 2015 J's Factory inc. All Rights Reserved.